新卒採用中途採用
HOME-社員インタビュー-宮本 千遥
宮本 千遥さんの画像

宮本 千遥 - ミヤモト チハル - フォトプランナー・店長 / 2016年中途入社

2016年 フォトプランナーとして入社。
現在は店長を務める。
前職は植物園の案内ガイド。

1日のスケジュール

  • 出社

    11:00
    メール対応
    13:00
    新規お客様打合せ
    14:00
    事務処理/店長業務
    18:00
    新規お客様打合せ
    19:00
    事務処理/店長業務
  • 退勤

    20:00

フォトプランナーになろうと思ったきっかけは?

以前は植物園の案内ガイドをしており、お客様との距離も近く、自分が言ったことへの反応が実感できることにやりがいを感じていました。
転職する際にも、お客様の笑顔を直接見ることができる仕事を探していました。デコルテのフォトプランナーの求人を見つけて、私がしたことが直にお客様の幸せに繋がる仕事っていいな…と思ったことがきっかけです。

宮本 千遥さんの画像 2

フォトプランナーとはどんな仕事ですか?

お客様が御来店されて、一番はじめに接客を担当する部門です。
既に撮りたい写真が決まっている方もいれば、漠然としている方もいるので、それぞれのお客様にぴったりのプランを提案し、納得いただけたらご成約となります。
1組のお客様と接するのは1、2回で、時間的には短いのですが、プランを決めるときには思わず深い話をすることもあります。ご結婚に至ったきっかけや、その写真を撮りたい理由をお話ししてくださることも。だからこそ「できないです」、「難しいです」と否定をしないことを心がけてます。どうしてもご希望に添えないこともありますが、「できない」と突き放すのではなく、可能な限りご希望に添ったところで決めていただけるよう、ご提案しています。

入社してからデビューまで

デコルテでは、入社するとバディーという教育係がつきます。私もバディーから料金形態や仕組みを教えてもらい、いろんな先輩とロールプレイングをしました。その中で、自分がお客様役として先輩の接客を受けることもあったのですが、自分がされて困った質問をしてみて、先輩がどのような対応をするのかを、とても参考にしていました。そうして1ヶ月程度、接客の仕方を学び、実際のお客様対応のデビューしました。

宮本 千遥さんの画像 3

店長になった経緯は?

プランナーになって3年ほど経ったときに、前店長から推薦していただきました。その時は、まさか私が、と驚きましたが、今では新しいことができてよかったと感じています。というのも私は、この会社で長く働けたらと思っているんです。長く働くと、日々の業務がマンネリ化することもあると思うのですが、店長業務を始めたときのように、自分を飽きさせないためにも、新しいことにトライしていきたいです。
デコルテは「やりたい」というチャレンジ精神を買ってくれる会社。だからこそ、新しいことを任せてもらいやすい環境だと思います。

フォトプランナーへの応募を検討している方へ

デコルテのフォトプランナーは、経験者は少なく、むしろ、全然違う業界からきた人も多いですが、一人前になって立派に働いています。やる気があれば何でもできる環境なので、少しでも興味があればチャレンジしてほしいです!

宮本 千遥さんの画像 4

Interview - 社員インタービュー

皆笑ってる写真 All People

ENTRY応募